子供英語おすすめ教材〜赤ちゃんから始めよう

美味しいパンが食べたい!

bread

パンが大好き!

 

でも市販のパンの袋を見てみると、
意外と添加物がいっぱいなんですよね。
保存料とかイーストフードとか。

 

毎日食べるものだから、余計な添加物のないパンが食べたい!
しかも、油分は控えたい年代になり、
できればバターなどは遠慮したい・・
ハーブが入ったパンも食べたいし・・

 

 

あれこれ考えると、自分で作るのが一番
ということでパン教室に通い始めました。

 

 

パンは生き物。
その日の気温や湿度に左右され、使う酵母によっても
全く変わります。
庭で栽培したぶどうやりんごで天然酵母を作ったり、
強力粉を変えてみたり・・

 

そんなこんなを試しているうちに、
すっかりパンの魅力にはまってしまいました。
ハマった挙句、せっかくなら本場のパンを学びたい!

 

思ったらまっしぐら!

 

パリまでパンの修業に行きました


パリでパンの修業

bread

旅行会社に紹介してもらい、モンマルトルの丘の麓のパンやさんで、
修業が始まりました。

 

 

パリの人たちは、毎朝、焼きたてのパンを買う習慣があります。
7時を過ぎると、
手に手にバゲットを持っている人たちを多く見かけます。
くるくるっと、真ん中に包装紙を巻いただけのバケットを持っています。

 

 

私の入ったお店は、
バケットだけでも一日千本も作る人気店。
他にも、何種類ものパンを、シェフと見習いさんの二人で作っています。
ケーキ類は、修業中の日本人の若い女の子が二人で作っていました。

 

忙しい・・

 

とにかく忙しい・・

 

 

昼食も、売れ残りの固いパンをコーヒーに浸して、
立ったまま食べる毎日。

 

 

重い生地を計量するだけでも大仕事。
ほんの数日だけの修業でしたが、
ぎっくり腰気味になって、這う這うの体で帰国するハメになりました。

 

 

正直言って、外国人はもっとタラタラ仕事してるんだと思ってました。
でも実際はすごく働きものなんだと、認識をあらたに。。


天然酵母のこと

doorknob

パン作りを目指す者にとっては、
天然酵母を使うのが、
一種の憧れ。

 

 

それぞれの酵母によって、
パンの香りも変わるし、
気温や湿度に大きく左右されるので、
難しいことも多く、
なおさら、挑戦したくなるものです。

 

 

私が取り組んでいるのは、
自分の庭で育てている果物を使って作った酵母。

 

 

なにせ、
我が家には、あまり食用にならない果物がゴマンとあるんですから。

 

 

りんご、ナシ、ブドウ、
イチジク、柿・・

 

あまり手入れもせず、肥料も何もやらないので、
生食にはいまいち。

 

でも採りたてを使えるのですから、
新鮮さはぴか一です。

 

天然の酵母がいっぱい付着しており、
発酵させると、
ほんとにいいパン酵母になるんですよ。

 

りんごはりんごの香りの、
葡萄はブドウの香りのパンが出来上がるのが、
また何よりの楽しみです。

 

 

>>子供英語おすすめ教材〜赤ちゃんから始めようTOPへ戻る


パンを作りにハマる関連ページ

自己紹介
はじめまして。 いつも全力投球の管理人ユミです。せっかちで、慌てん坊です。ドタバタながらも一生懸命の毎日。どうぞよろしくお願いしますね。
お気に入りの事〜ハーブ
ハーブが大好き。自宅の庭で50種類以上も育てています。 ハーブの資格も取り、ハーブ講座を受け持っています。 赤ちゃんやママにも利用できるハーブの使い方を紹介していますよ。
お気に入りの事〜ドールハウス
昔から小さいものが大好き!すっかりドールハウスの魅力にハマってしまいました。 本場のドールハウスが見たくて、イギリスまで行ってきました!
カンボジアの子供たちのこと
長年続けているボランティアに、カンボジアの子供たちの支援があります。 実際にカンボジアに行ってみると、日本とはまるで違う様子に面食らうことばかり。
あの日の記憶
あの3.11の東日本大震災の被災者となりました。 南海トラフ地震も、必ずやってくると言われています。備えあれば憂いなし。被災者の視点から、あの日の様子、あれば良かったもの、あって良かったものなど記しておきたいと思います。
通訳体験
いろんな事に興味津々の管理人ユミの部屋です。 今ハマっていることや、赤ちゃんや幼児にも使えるハーブの話やパリでのパン修業のことなど、あれこれ書いています。
海外旅行へ行きたい
いろんな事に興味津々の管理人ユミの部屋です。 今ハマっていることや、赤ちゃんや幼児にも使えるハーブの話やパリでのパン修業のことなど、あれこれ書いています。