子供英語おすすめ教材〜赤ちゃんから始めよう

赤ちゃんや幼児に英語を教える時の注意点

英語教育は早いほうがいい
って説が主流になりつつあり、
早くから英語を始めている親御さんも増えてきました。

 

 

教材を揃え、環境も整えて、
「いざ!」
始めようとしても、
当の本人がさっぱり乗り気しないことも・・

 

まだ生まれて間もない小さいうちなら、
聞き流しをしたり、一緒にビデオを見たりできるけれど、
大きくなってくると、
英語教材より、アニメに夢中になったり、
ゲームに夢中になったり・・

 

plug
つい
「高い教材買ってあげたのよ!」
なんて目くじらを立てていませんか。

 

将来、お子さんが英語好きになるか
見るのも嫌な位英語嫌いになってしまうか
ここが分かれ目です。

 

 

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 

【英語を教える時の注意点】

plug

英語をやる時間を決めましょう
どうしても気分が乗らない時もあります。
その時は、さっさと切り上げましょう。

 

 

plug

子供がうまくできなくても、
叱ったり、バカにしてはいけません

 

plug

「なんでこんなのも分からないの!」
イライラするのもNG

 

plug

 

 

plug

英語が得意な親御さんにありがちですが、
ビデオを見ながら、つい説明を加えて教え込もうとしたり
何度も練習させたりするのも逆効果ですね。
楽しい筈の英語が「お勉強させられてる」に変わってしまいますから。

 

 

plug

逆に親御さんが英語が苦手、または嫌いだったという経験がある場合、
どうしても「嫌い」な気持ちがお子さんに移ってしまいます。
トマト嫌いのお母さんの子供は、やっぱりトマトが嫌いになる場合が多いのと同じです。
ぜひ偏見を持たずに、「英語は楽しいね」と親御さん自身が感じてくださいね。

 

plug

お子さんに過剰な期待を寄せるのも考え物。
英語学習の到達点は、はるか先にあります。
英語をコミュニケーション手段の一つとして使いこなし、
相手の意見を聞き、堂々と自分の意見を述べることができる人間に育てることにあります。

 

過剰な期待を寄せることで、到達点に達する前に息切れさせてしまい
頑固な英語嫌いにさせてしまうこともあります。

 

 

文科省の調査では
小学生の3割弱の生徒が、すでに英語が嫌いになっているというデータもあります。

 

 

 

子供に英語を教えるポイントは、
楽しいこと
簡単なこと
時間が短いこと
あくまで遊び

 

というのがコツです。

 

なかなか進歩しないんじゃ?
と思うかもしれませんが、「急がばまわれ」ですから。

 

 

plug

この時期に覚えるのは、
英語の音、リズム、そしてイントネーションです。
読んだり書いたりは、もっと先の事。
読み書きを焦ってはいけませんよ。

 

>>子供/幼児英語おすすめ教材のページに進む

 

>>子供英語おすすめ教材〜赤ちゃんから始めようTOPページに戻る

 

お母さんにピッタリ!子供英語の先生

児童英語教師養成講座Teyl-JAPAN(J-SHINE認定)

赤ちゃんや幼児に英語を教える時の注意点関連ページ

自宅で英語を覚えよう
教室が遠かったり、いい教室が見つからない時はぜひ自宅でやってみましょう。 最近は良い教材がたくさんありますから、英語が苦手なママでも大丈夫。
赤ちゃんや幼児に英語を教えるコツ
小さい子はやっぱり自宅で学ぶのが一番です。 最近は良い教材がいっぱいありますから、英語が苦手なママでも大丈夫。 長年児童英語教室を主宰してきた管理人が自宅で英語を学ぶヒントをお教えしますよ。