子供英語おすすめ教材〜赤ちゃんから始めよう

児童英語検定試験って何?

textbook

小さい子供たちでも受けることができる検定試験があります。
大きくなると、
テストって「え〜っ!やだあ」
って感じですが、
小さい子は意外にもテストが大好き

 

 

 

できた!っていう達成感や、
すご〜い!って褒められる喜びは、
次のステップへとつながります。

 

 

 

 

 

最近では、この子供用の検定試験が増えています。
合否のあるものや無いものなど、それぞれに特徴がありますので、
自分のお子さんや生徒さんに合わせたものを選んで受験してみるのも
励みになるでしょう。

 


幼児・児童が受けられる検定試験

公益財団法人 日本英語協会 児童英検

 

     ○ペーパー版・・・学校や塾など、会場を設定してみんなと受ける筆記のペーパー版の英検。

 

     ○オンライン版・・個人でもグループでも。いつでもどこでも受験が可能なオンライン版英検。

 

     ○学校版・・・・学校・自治体単位で受験する英検。

 

受験スタイルは、上記3つの方法があるので、それぞれのニーズに合わせて受験が可能です。

 

      ●特徴   *オールリスニングのテスト

 

               *合否判定がない育成型

 

               *ブロンズ、シルバー、ゴールドのレベルがあります。

 

               *小学校の英語レベルに沿った問題設定

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

日本児童英語信仰協会 JAPEC児童英検

 

 私の教室も認定教室になっていました。
 生徒たちは毎年受験していました。

test

 

      ○認定教室で受験

 

      ○自宅のパソコンで受験できるこどもe-検定

 

の2通りの受験方法があります。

 

 

 

 ●特徴      *リスニングテストとスピーキングテストを総合的に評価するテストです。

 

              *日本で最も長い伝統を持つテストです。

 

              *1級から6級まであり、70%以上の正答率で合格となります。

 

               ★テスト以外にも、JAPECでは、海外ツアーやサマーキャンプ、
                こども英語フェスタなどを行っています。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

TECS 英語コミュニケーション技能検定試験

 

   ●特徴      *語彙力だけでなく、コミュニケーションの姿勢を判定

 

               *聞き取りが中心。英語を聞いてイラストを選ぶ方式。

 

               *英語を初めて6か月以上が受験のめやすなので低年齢でもOK。

 

               *5つの級があり、正答率によってABCの判定。
                  ・A 80〜100%
                  ・B 65〜79%
                  ・C 65%以下

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ACETテスト

 

   ●特徴       *英語を初めて6か月以上が受験のめやす

 

               *リスニングとスピーキング中心の1〜6級(設定会場で受験)

 

               *自宅で受験のできるリスニングのみの7級
                     ・いずれも60%以上で合格

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

その他こういうのもあります。

 

  ◎ケンブリッジ国際児童英検・・英語を学んで間もない子供や、英語を母国語をしない子どもが
                   対象。                                                         
                   「聞く」「話す」「読む」「書く」の4つのスキルを、世界基準で判定します。
                   *合否はありません

 

  ◎国連英検ジュニアテスト・・・6つのコースがあり、Eコースは英語を始めて半年〜1年の
                   幼児・児童が対象。                                                       

 

  ◎基礎英語検定・・・・・・・・・年長児から中3までが対象。
                   1〜10級まであります。

 

 

 

>>児童英語教師資格へ進む

 

 

>>子供英語おすすめ教材〜赤ちゃんから始めようTOPへ戻る