子供英語お奨め教材〜赤ちゃんから始めよう

英語ボランティアしてます

それぞれの地域で事情は異なるでしょうが、
我が家の子供たちが卒業した小学校では、
地域サポーター」っていう制度を設けています。

 

 

地域の人たちがそれぞれの技や知恵、知識を登録しておくんです。

 

 

たとえば
植木の手入れが得意」とか「草取りなら任せて」とか、
ミシンの指導ができます」「読み聞かせをしたい」などなど。
小学校から要請があると出向き、手伝うというシステムです。

mts

 

 

こうすることで、
自分の技術を再び生かしたいと思っている人の生きがいにもなるし、学校側も助かるという
いわばwin-winなワケです。

 

 

英語ボランティア」もその一環です。
数人のサポーターが登録しており、
毎時間、必ず2〜3人は参加しています。
*あくまで「ボランティア」なので、参加は自由。
また特になんの資格も必要ありません。

 

 

英語は、やはり口に出すチャンスが多いほど、上達が早くなります。
先生が一人だけですと、大人しい子は、
一言も話さないうちに、時間が終わってしまうっていうことがままあります。

 

 

それをカバーするのが、我々サポーターの仕事。

 

 

机の間をまわり、
理解できていない子の手伝いをしたり、
ゲームに一緒に参加して、場を盛り上げたり・・

 

 

週に1回とはいえ、
4クラスほどまわると結構クタクタ。
学校の先生って大変だなっていうのを実感します。

 

 

でも、
今まで「意味わかんねー」なんてふてくされていた子が、
分かった!」と目を輝かせた瞬間を見るのが嬉しくて、この仕事は辞められません。

 

 

英語ボランティア等に興味のある方は、各自治体に問い合わせしてみるとよいでしょう。

 

 

 

>>子供英語おすすめ教材〜赤ちゃんから始めようTOPへ戻る