子供英語おすすめ教材〜赤ちゃんから始めよう

バイリンガルに育てるには

plug

ぜひうちの子をバイリンガルにしたい!
とか
英語がペラペラになって欲しい!
という親御さんが後を絶ちません。

 

 

 

 

「バイリンガルにしたい」という点に対し、様々な意見がありますが、
是非は別として、
そういった要求が後を絶たない理由は、

 

日本が国際社会の一員となって久しい今、
英語ができるのが当然要求されるのにも関わらず、
なかなか、
諸外国と渡り合うのに必要な英語力が身に着かない現実
あるからだと思います。

 

これまでの日本の英語教育のシステムの問題点に加え
さらに、
自国になかなかいい学校、職場等が無く、外国に出て行かざるを得ない東南アジアの国々と異なり、
島国として独立しており、
国内でほとんど質の高い教育も仕事も手に入る日本では
さほど英語に固執する必要がなかったから、と指摘する人もいます。

 

では、どうしたら我が子が英語をペラペラ話せるようになれるか
親御さんたちが頭を悩ませるところですね。

 

外国に数年留学させればよい
と安易に答える専門家もいますが、
それは適切な答えではないと思います。

 

●費用の問題
英語耳が育たないまま、大きくなってから外国で学んでも
 限界がある
強い目的意識を持って留学しない限り、外国へ行ったからと言って、
 必ずしもバイリンガルになれるとは限らない
そして
すぐれた同時通訳者にも、留学経験のない人たちがいるのも事実です。
両親が日本人でも、
日本にいたままでも、英語をペラペラと話せるようになるのは可能なのです。

 

 

■ □ ■ □
では具体的にどうしたらよいでしょう。

plug

 

バイリンガルにしたい!
と思う目的は何か、まずはしっかり自分の中で確認する必要があります。

 

ただ単に、「英語耳を育てる」「英語ができるようになる」
というのと、
「バイリンガル」に育てるのでは、親の関わり方が大きく変わってきます。

 

 

■まずは目的意識をしっかり持つことが大切。

 

 

■早いうちからCDやDVDなどで英語を聞かせる
10歳前後までは、大人の何倍もの聴く能力があると言われています。
さらに、この能力は10歳を過ぎるあたりから、次第に衰えていくとも言われています。
小さいうちから英語に触れることで、ネイティブと同様に発音をマスターすることが可能なのです。
*専門家の中には、妊娠後期には英語のCDなどを聞かせるのがよいという人もいます。

 

 

■英語は口と舌をフルに使う言語です。
母音の多い日本語は、英語と比べるとほとんど舌を使いません。
小さいうちから訓練することで、英語の耳同様に英語舌をマスターすることが可能です。

 

■両親が日本人の場合、
中途半端な英語を聞かせるのはよくありません。
間違って覚えたものを修正するのは、逆に大変困難です。
CDやDVDを一緒に聞き、遊びながらも
英語で話しかけるのは避けたほうが無難です。

 

■生後半年ほどで、赤ちゃんは言語の聞き分けができるようになると言われています。
英語のレッスンをする時間は英語をしっかり聴かせる。
残りの時間は、両親が正しい日本語でしっかり話しかける、
という姿勢が大切です。
日本語の能力の高い子供は、第2言語の習得も早いと言われています。

 

 

■途中でやめてしまうと、もちろんせっかく覚えた言葉はどんどん忘れてしまいます。
「継続は力」です。
しかしある程度英語耳を育てた後でしたら、
どこかに発音は残っています。大人になってから再び学び始めても、
まったくの初心者とは違うとも言われています。
小さい頃の努力は決してムダではありません

 

■英語の発音だけが達者になっても、片手落ちです。
「何を話すか」という中身が大切です。
言葉は結局はツールに過ぎませんから。

 

 

>>無料でお試し版ゲットのページへ進む

 

>>子供英語おすすめ教材〜赤ちゃんから始めようTOPページに戻る


お母さんにピッタリ!子供英語の先生

児童英語教師養成講座Teyl-JAPAN(J-SHINE認定)

バイリンガルに育てるには関連ページ

バイリンガルとは
お子さんをバイリンガルにしたいと考えている方が多いですね。 日本にいても、両親が日本人でもそれは可能です。